本日読んだ本は、神田昌典著の

あなたの会社が90日で儲かる!』です。

1999年12月初版。

もう16年経っているのですね。

本棚に眠っていたので、

久しぶりに読んでみることにしました。

前書きの冒頭の一文の興味をあおる箇所が流石。

以下がその箇所の内容。

 

 

「なぜ、あなたは、この本を手に取りましたか?」

タイトルが気になったから?

ピンクの表紙が目立ったから?

なんとなく無意識のうちに?

実は、この本には、あなたが、手に取るような仕掛けがしてあったのです。

 

 

ここで、どんな仕掛けがあるのだろう?

と、グイグイと期待感と共に内容に引き込まれます。

その答えが、エモーショナル・マーケティング

 

 

エモーショナル・マーケティングとは、

「あなたの商品を売ってくれ」と、

お客さんが集まってくるマーケティング方法。

 

 

集客に困っている人に事業主にとって、

喉から手が出るほどほしい情報。

余計に引き込まれるはずです。

 

 

そして90日という具体的な数字と期間。

マーケティングの手法がふんだんに使われています。

昔は、バックグランドがなかったので、

あまり良く分かっていなかったと思う。

バックグランドがあると読み方も昔と違ってきますね。

 

 

まず、第一章は、

なぜ悪徳業者が儲かり、正直者は失敗するのか?

と題して、失敗する理由が挙げられている。

 

  • 売れないのは、頑張りが足りないからだ。
  • 価格が安いのだから、売れるはずだ。
  • お客にニーズをつかめば売れるはずだ。
  • お客に気に入られれば、そのうち買ってもらえる。
  • チラシを配っても反応がない。有名じゃないからだ。

 

 

普段思っていることもあるので、耳に痛い内容である。

でも皆が普段思っていることなので、

この章は、共感を得るための項目でしょう!

ここで気に入ったフレーズは、

集客というものは科学。予測可能なもの。

 

 

成功へのポイントとして、

  • お客の感情的な反応を起こすことが極めて重要。
  • 手に入りにくいと欲しくなる(希少性のルール)。
  • できる営業マンは、しゃべらない。売り込まない。
  • 商品のライフサイクルによって、反応率は変わる。
  • お客が感じる価値が価格を上回ったときにお客は買う。

 

 

【感想】

本日は読んだのは、一章だけでした。

ビジネスの仕組み作り。

チラシでは表現の仕方で、反応が大きく違うことなど

大変勉強になりました。

今一度、自分のビジネスを振り返ってみようと思う。