本日読んだ本は、泉忠司さん著の

コンフィデンス シンキング』です。

「結果」を変えるためには「行動」を変える必要がある。

「行動」を変えるためには「考え方」を変える必要がある。

成功へのプロセスの仕組みそのものが、コンフィデンス・シンキング

 

 

コンフィデンス・シンキングを構成する7つの絶対原則

第1原則:コンフィデンス(自信)

第2原則:インタープリテーション(解釈)

第3原則:ゴール(目標)

第4原則:アナリシス(分析)

第5原則:ストラテジー(戦略)

第6原則:アクション(行動)

第7原則:ビジョン(展望)

 

第1原則:コンフィデンス(自信)

絶対的な自信を持つ。

自信に根拠は不要。

自信を持てない人が犯す間違いは、自信を持つために根拠を求めること。

自信を阻む2つの要素:未知であること。他者の声。

 

第2原則:インタープリテーション(解釈)

人生はすべて解釈にすぎない。

状況は変えられないが、「解釈」は変えられる。

落ち込んでも、すぐに立ち直る力が大事。

 

第3原則:ゴール(目標)

やりたいことを実現できていない人は、ゴールの設定が下手。

「本当に欲しいもの」をゴールに設定。

ゴールを視覚化して、感情と潜在意識に刷り込む。

スモールゴールは細分化できるまで細分化して設定。

 

第4原則:アナリシス(分析)

自己分析をする際は、ありのままの自分を受け入れる。

自分自身の価値観を明確に順位づける。

ターゲット分析において、メディアからの情報を鵜呑みにしない。

 

第5原則:ストラテジー(戦略)

実際に行動することで最短距離が見えてくる。

「無理」というのは思考を停止させる悪魔の言葉。

最短距離を見つけるための第一歩はパクること。

 

第6原則:アクション(行動)

「やらない理由」を考えない。

「有言実行」を習慣化する。

法律違反以外は何をやっても構わない。

 

第7原則:ビジョン(展望)

「自分はいつでも幸せである」と思えるようになると、他人にも優しくなれる。

他者支援すればするほど、自己実現のスピードも加速する。

 

【感想】

内容的には、成功哲学の本に書いてある内容と一緒です。

でも、私もやりたいことが実現できていないから知らないのと一緒です。

自信がある時は、どんどん進んでいけるが、

自信を無くすと、躊躇したり、恐れの方が大きくなります。

そしてなかなか立ち直れないこともしばしば。

この本を読んでいるとそういうところが違うのかなと感じました。

 

ストラテジーの章で「音楽CDを出してミスチルに勝つ」というゴールを達成するために、

分析して、どのような計画でやっていくかと内容があるのですが、

実際に考えていく過程が見えるようで、リアリティがあって楽しめました。

 

つい見える範囲でしか考えないものです。

自分の勝てる分野を見つけるのがなかなか難しいですね。

思考停止しないように考え続けないといけませんね。

 

本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございます!

朝活アウトプット読書会への参加ご希望の方は、

お問い合わせより、お願いいたします。

来週の読書会は、1月27日(金)です。