本日読んだ本は、

加藤史子著の

ストレスをすっきり消し去る71の技術

 

 

この本の目指すゴールは、3つ

  • 自分で自分のストレスケアができる
  • ストレス予防ができる
  • ストレスに動じない自分になる

 

 

まず、最初に方法として、

言葉による影響力が書かれています。

使う言葉が身体やパフォーマンスに

どれだけ影響を与えているか。

 

 

 

プラスの言葉(良かった。ついてる。ありがとう)と

マイナスの言葉(きつい、できない、無理)の影響力。

斉藤一人さんの本でも同じことが言われいます。

なので、プラスの言葉を使う!

 

 

他にも、勧めているプラスの言葉として

  • 大丈夫!なんとかなる!
  • 可能性はゼロではない!
  • ピンチだと思った時ほど、『チャンス!』と叫ぶ。
  • きっと何か意味があるに違いない!
  • 必ず道はある!
  • 「させられている」から「したい」へ

 

 

2つ目に挙げられている方法は、質問を変える。

私たちは普段、何百回も自問自答を繰り返している。

この質問内容が、心に大きく影響している。

質問には、パワーアップする質問とパワーダウンする質問がある。

質問の仕方を変えるだけで、ストレスも解消する。

 

 

例えば、次の2つの質問

「どうしてこれができないのだろう?」

「どうすればこれができるのだろう?」

を自分にしてみたら違いはすぐにわかるだろう。

 

 

不安や心配事を克服する質問として

  • その考えは、事実に基づいてますか?
  • その考えは、問題解決に役立ちますか?
  • その考えは、長期的に見て役立ちますか?
  • その考えや感情は、相手や自分との関係をよくするのに役立ちますか?
  • その考えは望ましい結果や気分をもたらしますか?

 

 

ピンチをチャンスに変える質問

  • 伝えようとしている暖かいメッセージは何?
  • 自分は何を学び、成長につなげていけるか?
  • 自分は何を受け取る必要があるのか?
  • 何に気づくためのチャンスなのか?

 

 

他にも、お勧めの質問として

  • 感謝したいことは何か?
  • どこまでが現実で、どこまでが想像?
  • もし同じような状況になったら、次はどうしたい?
  • こんな時に、○○○だったらどうするだろうか?
  • これからどんな武勇伝ができるだろうか?
  • この仕事を、どうしたら楽しめるのか?

 

 

3つ目の方法としては、書くこと

書くことで、考えが整理され、客観的になれる。

方法としては、

  • 幸せリスト(幸せを感じるのはどんなとき?)
  • 今日の良かったこと(3分でリストアップ)
  • 夢リスト
  • 問題解決する9マス
  • 今日したいことリスト
  • 9マス日記

 

 

【感想】

知っていることとやっていることは違うと言います。

知っていてもやっていなければ、知らないのと同じとも言います。

書かれていた内容は、結構していることばかり。

でも実行できていない自分がいます。

日ごろ、どういう思考をしているか洗い出しをしようと思いました。

そして自分への質問や使う言葉を変えていこう。