本日読んだ本は、小谷川拳次さん著の

小さな会社がお金をかけずにお客さまをガンガン集める方法』です。

小谷川拳次さんは、現在、ネット集客のエキスパートとして

ネットマーケティングに関するコンサルティングを行っている。

以前は、セミナーポータルサイトを運営する会社に携わっていました。

そこで、インターネットマーケティングの可能性を経験し、

現在のビジネスの基盤になっているそうです。

 

 

ビジネスでは、お客さんを何万人も集める必要はない。

なんでも買ってくれる1000人のお客さんがいれば、ビジネスでは困らない。

目指すべき目標:ファンを1000人集めて、そのコミュニティを作る。

 

観覧車の法則

100人乗りの観覧車を10個作る。

必要最小限のお金で、ブログやフェイスブック、Youtubeなどの

ソーシャルメディアを使って見込み顧客リストを集める。

見込み客リスト:「量より質」徹底的に選ぶ。ターゲットの明確化。

 

集客方法の本質

①見込み顧客を集める

②顧客教育をする

③共感を得る

経営者は、この仕組みを作りあげることが最重要課題。

 

USP(Unique Selling Proposition):あなたの会社独自のウリ。

あなたを選んでもらう理由付け。

 

「集客 ⇒ 顧客化 ⇒ リピート化」の流れを持っているか?

集客型ホームページ:

見込み顧客のメールアドレスを集められる仕組みになっていること。

 

ネット集客におけるソーシャルメディア3種の神器

1、ブログ

2、ファイスブック

3、Youtube

ソーシャルメディアから無料でアクセスを集める。

 

広告コストをかけるならSEOとPPCから

顧客教育とセールスの違い

顧客教育とセールスを同時に行ってはいけない。

 

顧客教育とは、会社が提供している商品やサービスに関して、

お客さんにしっかり理解してもらうこと。

セールスとは、

理解してもらったお客さんに買ってもらうこと。

 

小予算集客の基本的な仕組み(順番)

1、集客型ホームページを用意する

2、ソーシャルメディアから集客型ホームページにアクセスを集める

3、小予算集客・基本の3ステップを行う
(①見込み顧客を集める ②顧客教育をする ③共感を得る)

 

集客型ホームページ

トップページは見込み顧客のメールアドレス獲得を目的にする。

 

ブログ集客

見込み顧客リストを取得するためのフォームを設置。

ブログ記事タイトルは、市場の検索需要から逆算。

検索されているキーワードの探し方

「キーワードプランナー」と「グーグルトレンド」を活用。

⇒「複合キーワード」と年間の「トレンド」を把握。

ブログは、一日一本の発信が理想。

 

フェイスブック集客

どの名前でブランディングするか。

「プロフィールページ」:個人の名前

「フェイスブックページ」:会社名、商品やサービス

 

Youtube集客

「質より量」、短い動画(2~3分) をたくさんアップ

1、タイトルと概要欄に検索需要からピックアップしたキーワードをしっかり入れ込む

2、概要欄の3行目以内に集客型ホームページへのリンクを貼る

次に重要なのはタグ付け。

作成頻度は1週間に1本アップ。

 

電子書籍集客(アマゾンを使って集客)

KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)サービスを使うと、簡単に電子出版できる。

特定キーワードで上位表示されるために大切なのは、

タイトルと書籍登録時の7つのキーワード。

電子出版を行う目的は2つで、どちらにするか決める。

1、印税を稼ぐ

2、集客する(価格を100円に)
⇒本の最後に、集客型ホームページへのリンクを貼る。

 

メルマガの有効活用

小予算集客で必ず行ってほしいのは、スッテプメールの設置。

ステップメールで見込み顧客の基礎教育。

⇒「ラポール」と「共通言語」が作られる。

 

4か月で小予算集客の仕組みを作る

ステップ1:1か月目

集客型ホームページ作成

フェイスブックアカウントを作って投稿開始

ブログ(WordPress)のフォーマット作成

Youtubeアカウントを作る。

 

ステップ2:2か月目

集客型ホームページの開設

フェイスブックとブログのコンテンツの充実

フェイスブックとブログのコンテンツを基にYoutube動画を作ってアップ

 

ステップ3:3か月目

ステップメールの準備

(以下2か月目からの継続)
集客型ホームページの内容充実

フェイスブックとブログのコンテンツの充実

フェイスブックとブログのコンテンツを基にYoutube動画を作ってアップ

 

ステップ4:4か月目

ステップメール開始

⇒ファーストセール実行(数量限定、期間限定、特典をつける)

 

ステップ5:5か月目

顧客のコミュニティ化

⇒(オンライン)フェイスブックのグループを作る

⇒(オフライン)イベント開催

これで、最初のループは完成。

以降は、ステップ2からステップ5を循環させる。

 

【感想】

ある程度はやっているが、まだまだ出来ていないのもあります。

メルマガも一個だけだし、Youtubeは手を付けていない。

コミュニティを作るのも疎かにしている。

メルマガとYoutubeをやっていきながら、

コミュニティを充実させていこう。

そして観覧車を増やしていこう。