本日読んだ本は、石田淳さん著の

行動科学マネジメント入門』です。

プレイヤー ≠ マネジャー

多くの人たちが部下育成で悩んでいる。

この本は、若いマネジャークラスに向けて書かれた行動科学マネジメントの本。

 

 

行動科学マネジメントは、

人のやる気や態度や性格など、曖昧でバイアスのかかりやすい要素に頼ることなく、

行動に着目する科学的な手法。

 

すべての結果は、行動の集積。

良い行動を増やし、悪い行動を減らすのが行動科学マネジメント

 

できない人の理由は2つだけ。

  • 仕事のやり方がわからない。
  • やり方はわかっていても続け方がわからない。

 

伝えるためには「行動の分解」が必須。

行動を細分化し、大分類から中分類・小分類へと落とし込んでいく。

業績に直結する重要行動:ピンポイント行動。

 

結果が出せていない人というのは、ピンポイント行動が取れていない。

もしくは続けられていない場合が多い。

ピンポイント行動の抽出には、観察と比較。

 

正しく動いてもらうためには、

指示に使う言葉は、数値や固有名詞を駆使して、

聞いている誰もが同じ状況を想定できるものでなくてはならない。

 

「できるだけ早く」「事故をなくす」「顧客満足」だけでは不十分。

行動は次の具体性の原則によって定義づけられたもの。

「MORSの法則」

  • M=Measurable(計測できる)
  • O=Observable(観察できる)
  • R=Reliable(信頼できる)
  • S=Specific(明確化された)

 

大事なことは繰り返し、くどいくらいに伝える。

「良い行動」を繰り返すためにチェックリストを活用する。

チェックとは、「あら探し」ではなく、「良いとこ探し」。

人は、ネガティブフィードバックをされると行動自体をやめていく傾向にある。

 

正しく続けてもらう技術

結果のチカラが人を動かす。

人が行動するサイクル「ABCモデル」。

  • A=Antecedent(先行条件):行動のきっかけとなる目的や環境
  • B=Behavior(行動)
  • C=Consequence(結果)

 

人が行動を繰り返すとき、先行条件よりも結果のチカラの方が大きい。

「ポジティブ」「すぐに」「確か」なフィードバックが良い行動を繰り返させる。

ポイントカードでゲーム性を出す。

感謝上手になる。サンキューカード。

 

部下を伸ばす3つのスキルと4つのツール

スキル1:「挨拶のチカラ」・・・最初と最後を明確にする

⇒メリハリをつける。始まりと終わりが不明瞭な仕事では、正しく動くことが難しい。

スキル2:優先順位より「劣後順位」・・・「なにを捨てるか」をまず考える。

スキル3:失敗談を話す・・・同じような失敗をしていたと知ることで、のびのび動ける。

 

ツール1:チャートで現状を示す。全体のどこにいるのかを示す。

ツール2:積算グラフでモチベーションを上げる。

ツール3:仕事の時間割をつける。

ツール4:コミュニケーション回数を測定表に。

⇒思い込みで判断せず数値化する。

 

人を動かす「褒め方・叱り方」

褒めるときは、良い行動を取ったら時間をおかずに「すぐに」。

行動を具体的に褒める。

結果を叱らず行動を叱る。

「事実」を叱り、「人間」を批判しない。

叱ったらフォローする。

 

【感想】

内容的には、知っていることばかりでした。

知っていることと出来ていることは違うと言いますが、

出来ていないことが多いです。

 

チェックリストもTodoリストで使っているくらいなので、

もう少し細分化して考えずできるまで落とし込もう。

自分の継続性を高めるために、

「ポジティブ」「すぐに」「確か」なフィードバックを心掛けていきます。

 

本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございます!

朝活アウトプット読書会への参加ご希望の方は、

お問い合わせより、お願いいたします。

来週の読書会は、1月26日(木)です。