ゲリラ流仕事術

本日読んだ本は、ジェイ・C・レビンソンの

ゲリラ流最強の仕事術

昔読んだ時は、いまいちピンと来なかった覚えがある。

久しぶりに読んでみました。

 

 

ゲリラとは、

通例と異なることをやって成功し、

従来通りの方法が無意味なら別な方法をとる。

成功するビジネスパーソンの本質とは何かを

考え直す必要があると心得ている人のことであると。

 

ゲリラ戦とは、

あなたも知っているとは思いますが、

ウィキペディアで調べると、

 

予め攻撃する敵を定めず、

戦線外において小規模な部隊を運用して、

臨機応変に奇襲、待ち伏せ、後方支援の破壊といった、

攪乱や攻撃を行う戦法のこと。

 

書かれている内容は、

本の中にも書かれているが、

マーケティングを学んでいる人からすると

目新しいことは無い。

 

フレームを変えて

マーケティングの話をしている

という感じ。

 

ゲリラと銘打っているので、

個人や小規模の会社の戦略である

ランチェスター戦略に近い。

 

気になったキーワードとしては、

『Small is Beautiful』ということで、

シンプルにする。スリムにする。

役に立たないものは排除する。

 

計画する

計画することで、周り道をしない。

 

優先順位をつける

目標を達成するために優先をつける。

 

ビジネスを組み立てる(目標・地理・テクノロジー)

システムを作る。地域で勝つ。

テクノロジー(インターネット等)をフル活用する。

⇒効率が違ってくる。

 

目標設定(具体的・数字管理・言葉にする・定期的に見直す)

より具体的で、数字で管理する。

言葉にできないのは、目標ではない。

絶対ではない。柔軟に見直して、定期的に変えていく。

 

無意識(購買・感情・目標)

無意識の力は強い。

購入者心理を知る。

購入は、感情で買う。感情に訴える。

目標を無意識に刷り込む。無意識に行動できるようにする。

 

【今後どう活かしてい行くか?】

①ビジネスのシステム作り、目標設定、スケジュール

が曖昧なので、作りなおしていく。

②スケジューリングが機能していないので、

とりあえず、今月の計画から改めて作っていく。